キャンバス ログ トート バッグ(黒)のレビュー

キャンバス ログ トート バッグ(黒)
キャンバス ログ トート バッグ(黒)

薪ストーブがさほど珍しくない国ではこういった品が当たり前のように売られているんでしょうねぇ。
感想はブラボーの連呼状態ですね。
薪という、重量があり樹種によってはとても素手で扱えないモノを難なくストーブ前まで運搬することが出来ます。
もちろん薪棚から薪棚への運搬もオケ。とにかく運ぶという作業には重宝します。
真っ平らにならず両脇に絶妙なカーブがついている辺りで発案者のドヤ顔を連想できます。
コスパのいい品ですね。さすが暖炉屋。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
ぱぱげーのさん

頑丈な生地のトートバッグです。通常の太さの薪なら8本程度入ります。
室内では蓋を折り込んだ120サイズの段ボールにバッグのまま入れて使うと木屑が床にこぼれません。

これを2セット作ってローテーションして使ってます。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
satoruさん

薪づくりをすると、形の良いまっすぐな薪だけでなく、根元や節の部分の変型薪もあります。このバッグならばそれらも問題なく運べてたいへん便利です。サイズも適当て持ちやすく丈夫そうです。素性がいい薪は肥料袋を使っていますが、予算ができたらこのバッグがあと2つぐらいほしいですね。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
SnowManさん

薪ストーブ使用4年目に入った北海道は道東居住者です。今まではニトリで購入した布製のランドリーバックを薪置き場である車庫から室内への(直線距離にして約10m)薪運びに使用していました。これは一度に中割薪を10本ほど運ぶことが可能でそれなりに重宝していましたが、3年間の使用で薪の角による摩擦から穴が開き代替品がないかと探しておりましたところ、ブログ村の「薪ストーブ暮らし」「晴耕雨読」さんから今回Hearth&Home社のキャンバスログトートバッグ(黒)知ることなり、今回購入するに至りました。届いたバックは折りたたんだ状態では非常にコンパクト、しかし、薪置き場の床に広げれば洗濯袋と同じく中割薪なら10本以上入り、しかも、洗濯袋と比べて奥行きがなく幅広なため薪を入れやすく取り出しやすいという、さすが薪専用袋だと感心の呻り声が漏れてしまいました。両手に20本の薪をぶら下げてみると心なしか洗濯袋の時より軽いフィーリング、素晴らしい、2つ購入して大正解だったなと人心地、いままでの薪運びはなんだったのであろうと考えながら約10mを軽い足取りで進めます(今までは袋を引きずる様な感じでした)。室内の薪棚へと薪を移し変える作業も超楽ちん、まるで修行を終えた山伏になれた気分です。木くずも落ちず、バック内に残った木くずも車庫に戻って軽い一叩きで終了。先代のバックが掛かっている車庫内の衣文掛けに「これから宜しく」と新しいバックをそっと掛けました。薪の角による摩擦も少なく耐久性も期待できそうです。結果、金☆1万個以上の感想です。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
チューバッカ(チューばっかりしているわけではございません)さん