FISKARS Hookaroon (28インチ)のレビュー

FISKARS Hookaroon (28インチ)
FISKARS Hookaroon (28インチ)

長さも丁度よく、片手での取り回しが良いので一般的なトビ口よりも使いやすい。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
マキストさん

鳶口は何本かあるのですが、片手用、両手用の中でも柄が太くてしっかりしてる、しかも軽い、長さもちょうどいい、林業用のはしっかりしてるけど重い、スチールのアルミ鳶口より太くて軽い、まだ使ってないけど使いやすそうで楽しみです。今回は短いものも購入したので使用感などレポートします。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
あっちゃんパパさん

我が家は山林暮らしで、ストーブ用の薪は庭木を倒して作ることが多く、その作業のために購入しました。まだ2回しか使っていませんが、1年半放置していた太い木をやっと動かせました。軽くて驚いています。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
ドングリさん

この度、原木の移動や薪割りに使用するために購入しました。 鳶口は初めての使用でしたが軍手で腕力頼みであった仕事が大変効率的にこなせるようになりました。約2メートル位の原木もズルズルと引っ張ることが出来ました。 薪割り斧もフィスカースを使っているのでお揃いの道具が増えて満足しています。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
おねちさん

立ったままで薪集めができるスグレ物です。 軽く腕にも優しいので愛用しています。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
薪割り小僧さん

STIHL「アルミ両手とび」と同時に使ってみたのですが、コチラのほうが突き刺さりやすいようです(STIHL「アルミ両手とび」ほうは、だいぶ使い倒していますが)。 使っていると結構手に衝撃が伝わるので以前ブログに書かれていた「LIMBSAVER 16インチ」巻いて使ってみたところ、なかなか良かったです。 FISKARS Hookaroon(12インチ)の動画の様に二本で使うのもアリですね。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
9724きゅーさん

先日、柄の長い日本製鳶口を原木採集に行って置いてきてしまい後日取りに行ったところ案の定無く、失くしてしまったのでその代わりを探していた。 という事で斧や高枝ばさみで使っているフィスカースのものを購入。あまりの軽さに驚いた。 このメーカーはよく考えて造られているなぁと思う。買って正解…というより失くしちゃって正解。 あと少し柄の長いモノがあればそれを買ったんだけど。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
ぱぱげーのさん

Council Tool のとび口との比較です。先端の形状は好みがあるので評価しにくいのですが、柄も先端も軽く作られていて疲労感がありません。木製バットと金属バットの違いって感じです。 Council Tool は友人にあげました。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
satoruさん

思いのほか重量がありましたが、同じくらいの重さでもう少し柄が長い物もあると良いなと思いました。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
ヨッちゃんさん

柄の長さ50cmほどの薪鳶を愛用してきて、割った薪にはいいが、原木や切った玉を扱うのにもう少し長めが欲しかった。 玉切りした玉を移動させるのが楽になる。 積み上げられた枝を引っ張り出すのが楽。 軽トラから玉を下ろすのも楽。 その他いろいろ、薪仕事には必須の道具。 あと10cm長ければもっとよかった。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
雁さん

割った薪を拾い集める際に、腰を屈める必要がなくなり、腰への負担軽減になりました。突き刺さる角度が悪いと薪に突き刺さらないので、コツがいります。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
しばさん